美容師が教える「理想のボブ」になる為のオーダー方法3選は?美容師への伝え方ポイント

皆のキレイを発信する美容師keitaです!

“ボブ”とひと口にいっても、ボブスタイルには多くの場合でサイドの髪の長さをアゴライン目安にする場合や、アゴラインからリップラインの中間にしたショートボブ、はたまた鎖骨レングスの、長めのボブスタイル、いわゆる「ロブ」などいろいろな長さの髪型や、シルエットやカラーがありますよね。

とはいえ、このボブという髪型。日々サロンワークにて私が思うにカット技術の良し悪しが再現性、いわゆる自宅でのセットのしやすさを左右すると言っても過言ではありません。

イメージしていた理想のボブにならなかった!なんて経験がある方も少なくないかもしれません。

そんな方々に送る!美容師keitaが、これなら絶対に失敗しない“ボブヘアスタイル”のオーダー方法をご紹介しますよ〜♪自分に似合う理想のボブスタイルを探してみてください!

1.これぞ王道「えりあしギリギリボブ」は内側を軽く

パツッとしたラインの残る、今でもまだまだ人気を要するのが切りっぱなしボブをモデルにしたこちらのえりあしギリギリのボブヘアスタイル。毛先のおさまりがよく人を選ばず似合いやすいので、初めての方にもチャレンジしやすいボブの王道スタイルです。

ラインはやや前下がりに設定。髪の毛は後ろのほうが速く伸びてきて気になりやすいので、前下がりなラインにすることでスタイルの持ちがよくなります。首を長く、きれいに見せてくれる効果があるのもうれしいポイントですね。

ポイント

毛量が多い方はただ「軽めに」とオーダーするのではなく、「内側の毛量は軽くしてください」と言うと美容師さんにイメージが伝わりやすいかも!

2.動きを感じさせる「ショートボブ」は毛量、見た目も軽さが大切

重たいカタチのボブはあまり好きではなく、ワックスでニュアンスづけや動きが出せる軽さのある髪型にしたい方は“ショートボブ”がおすすめです!

例えば、耳が透けて見えるくらいの、短めで軽めなスボブタイルだとアイロンを使って巻いたり、ヘアアレンジをしやすかったりとスタイリングの幅が広がりますよ。シンプルにストレートアイロンを毛先が内におさまるように通してオイルで仕上げてもウェットな質感がおしゃれですし、コテで巻いてワックスでゆるふわにするのもかわいいので、アレンジの引き出しも増えていろいろな気分が楽しめること間違いありません!

ポイント

美容師さんにはスタイル写真と共に「軽めが好きです!」と伝えるのがいいでしょう。

3.「メリハリボブ」は今ドキハイライトで動きや束感を演出して軽くみせて

最後はお洒落女子にもぴったりなカラーリングで遊びを取り入れた、メリハリを演出するボブスタイル。シンプルかつナチュラルなボブスタイルこそ、カラーリングで遊ぶのがおすすめですね。

特に冬は洋服に暗い色が増えると思いますが、髪色をダークトーンに染めていると全体の印象が重たく見えてしまいがちなので、思い切ってハイライトやバレイヤージュといったカラーリングでメリハリをつけたスタイルにすると、ほどよい軽さがつくれて垢抜けます♡

ポイント

「ポイントでハイライトを入れて、全体的に軽い印象に見せたい」と美容師さんにオーダーしてみると良いでしょう。

きっと周りに一歩さをつけたこなれたヘアスタイルを楽しめるかも♡

まとめ

いかがでしたか?

今回は理想のボブになる為のオーダー方法3選、美容師への伝え方ポイントをご紹介しました。

“ボブスタイル”といってもほんの少しの差で、さまざまな印象に仕上がることがおわかり頂けたのではないでしょうか。

美容院でカウンセリングを受ける際には是非、写真などのビジュアル要素と、合わせて量感やテイストなどの実際の好みをお伝えしてみてください♪

ぜひこちらでご紹介したオーダーの仕方を参考にして、美容師さんに相談して理想のボブをGETしてくださいね♡

ボブの可能性♡無限に可愛くなれるボブのアレンジ術をご紹介!ワンカールだけで多彩なイメージを実現

2019年12月8日

【タンバルモリ】ってどんな髪型?韓国風ボブのオススメスタイル♡

2019年12月7日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です