2020人気のインナーカラーは暗めがキテる?長さ別特集も解説

keita
keita
今回は人気ヘアカラーとしても定番になりつつある「インナーカラー」を解説するよ!

 

 

そもそもインナーカラーってどんな髪色のことをいうの?と疑問に思う方をはじめ、もうインナーカラーやってるよ!なんて方まで参考にしていただける「インナーカラー特集」です!

 

 

ちょっと髪色変えたいけどイメチェンしすぎるのはちょっと抵抗あるなあ…

 

 

そんな方には今キテるインナーカラーがオススメ。

 

 

さりげなく変化を感じるのがオシャレポイントですね!

 

 

この記事では定番の人気色から、髪の長さや髪型ごとに解説するよ。要チェックしてみてください♪

Contents

「インナーカラー」って何?

インナーカラーとは、髪の一部だけにカラーを入れた髪型のこと。

インナーカラーのヘアスタイルは、全体をカラーするよりさりげない印象なので、シンプルな服と掛け合わせてもおしゃれにまとまります。いつもの髪型に飽きた方は、インナーカラーに挑戦してみませんか?

インナーカラーの魅力

インナーカラーは内側だけを違う色にする髪型なので、色を変えたいけれど派手にはしたくない方にもおすすめ

インナーカラーの入れ方によっては、髪をアレンジしてインナーカラーの部分を隠すことできます。髪全体を染めるより簡単に挑戦しやすいのがインナーカラーの魅力です。

インナーカラーはブリーチしないとできないの?

きれいなインナーカラーにするにはブリーチ必須なのでしょうか。結論から申し上げると、ブリーチすることをおすすめします。


なぜならインナーカラーは、ベースの髪色とのコントラストをはっきりさせることで良さが増すからです。部分的なブリーチはダメージ範囲を最小限に抑えることができるので、ぜひトライしてみてください。

インナーカラーの人気の髪色をチェック

赤系のインナーカラーで個性を出し存在感のある髪に

赤のインナーカラーといっても、赤みが強い髪色と赤みの薄い髪色、かなり印象が変わってきます。こちらは赤みの強いインナーカラーですが、ベースの髪色が明るいのできれいに馴染んでくれますよ。

こちらはピンクに近い赤のインナーカラーです。ピンクベージュやピンクブラウンなどの髪色によく合うインナーカラーなので、ガーリーでかわいらしい雰囲気をプラスできます。

メモ

髪色を変えたいけれど派手にしたくないという方は、髪色に馴染むこちらのインナーカラーがおすすめです。

こちらの赤のインナーカラーは、オレンジに近い赤色です。赤のインナーカラーは、暗めの髪色に合わせるとよく映えます。髪全体を派手にはできなくても、インナーカラーで派手色を楽しめるのがうれしいですよね。

こちらはピンクに近い赤のインナーカラーです。赤のインナーカラーというと派手なイメージの方も多いのではないでしょうか?しかし、こちらのインナーカラーのようにグラデーションにすると、きれいで馴染みの良い髪型が完成しますよ。

こちらの赤のインナーカラーは髪の内側だけでなく、毛先にも色を付けた髪型になっています。外ハネしている部分にきれいな赤色が入っているのでこなれた印象に仕上がります。いつもの髪色に飽きた方は、赤のインナーカラーに挑戦してみませんか?

ショートの方でもインナーカラーを楽しむことができるんです。ショートの方はサイドの髪の毛にインナーを入れることができるので挑戦しやすいですよね。

ポイント

根元からインナーカラーをするのではなく毛先を中心にインナーカラーをしてみて。

こちらの赤のインナーカラーはしっかりと色を入れているので、華やかな印象にすることができますよ。

華やかな中にもかわいらしさのある赤のインナーカラーは、センスのある髪型に近づけそうですよね!同じインナーカラーの色でも雰囲気は変えられます。

青系のインナーカラーは凛とした髪色を演出

ここからは青のインナーカラーで作る髪型を紹介していきます。

青のインナーカラーは涼しげな印象で、さわやかさと洗練された印象をプラスできそうですよね。グレーなどの寒色系の色味と近づけると、髪全体の馴染みが良く仕上がりそうです。

こちらの青のインナーカラーは、髪の内側にさりげなく青を入れた髪型になっています。

参考

髪の毛全体をしっかり巻くことで、髪に動きが出てインナーカラーが覗きます。

さりげない青でおしゃれ度が高まりそう。

こちらは外ハネの毛先にも青のインナーカラーが入っている髪型で、グレーやネイビーに近い髪色とうまく合っていますよね。

ポイント

青のインナーカラーは髪の毛を凛とした雰囲気にしてくれます。凛とした旬度アップの髪型を狙うなら、青のインナーカラーがおすすめですよ。      

     

こちらも毛先を中心に青のインナーカラーを入れた髪型です。徐々に青の色が入っているので、髪色の変化がわかりにくいインナーカラーとなっています。

派手すぎないさりげなく入っている青のインナーカラーで、これまでの髪型をアップデートしてみませんか?

こちらはグレーの髪色に、青のインナーカラーを混ぜた髪型になっています。グレーと青は同じ寒色系なので相性が良いんですよ。透明感のあるグレーの髪色に、スパイスとして入る青のインナーカラーがきれいに映えていますよね。

こちらもグレーの髪色に、青のインナーカラーを入れた髪型です。透明感のある髪色と、青のインナーカラーがうまく合わさっているのでアカ抜けた印象になりますよ。

ヌケ感のある雰囲気を作るなら、青のインナーカラーに挑戦してみてください。

紫系のインナーカラーでドラマチックヘアに

ここからは、紫のインナーカラーを紹介していきます。紫のインナーカラーは、ドラマチックでアカ抜けた印象になるインナーカラーです。

紫のインナーカラーはラベンダーカラーとしても今人気の髪色なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

こちらの紫のインナーカラーは、さりげなく毛先を中心にして入れています。

参考

髪の長さが短くても、インナーカラーはしっかり楽しめるんですよ。大人っぽさとかわいらしさを備えた、紫のインナーカラーに注目してみてください!

ラベンダーっぽくさりげなく入っている、こちらの紫のインナーカラー。紫のインナーカラーは、グレーやグレージュなどの透明感のあるやわらかい髪色との相性も良いんです。

ヌケ感を意識したさわやかなインナーカラーのおすすめスタイル。

こちらの紫のインナーカラーも、グレーやグレージュとの相性がよさそうですよね。紫のインナーカラーも、インナーカラーを入れていない髪の毛も、やわらかさがあってエアリーな雰囲気になりますよ。

こなれた雰囲気で、おしゃれ上級者みえを狙いましょう!

紫のインナーカラーがたくさん入っていて、グラデーションのようになっているこちらの髪型は、グレーの髪色とも合わさって透明感をしっかり演出してくれていますよね。

鮮やかでインナーカラーの存在感はありつつも、グラデーションのようになっているのでさりげなさまでアピールできるんですよ。

ポイント

インナーカラーはウェーブに巻いたとき、髪に動きが出るのできれいに見えるんです。

内側にあるインナーカラーが覗くのがかわいいですよね!いつもの髪型と違った、ワンランク上の紫のインナーカラーにぜひ挑戦してみませんか?

緑系のインナーカラーはカジュアルで個性的な髪色に

ここからは緑のインナーカラーの紹介をしていきます。緑のインナーカラーと聞くと、かなり派手なイメージを想像する方も多いと思います。

緑のインナーカラーはじつは、さりげなく洗練された印象にもできる髪型なんですよ!センスあるインナーカラーの髪型、ぜひチェックしてみてください。

こちらの髪色は、ベーシックな髪色にさりげなく緑のインナーカラーが入っています。「落ち着いた髪型にしないといけないけれど、髪色で遊びたい。」という方は、こちらの緑のインナーカラーのように、ベーシックな髪型にインナーカラーを入れるのがおすすめですよ。

こちらもさりげなくインナーカラーに緑を忍ばせた髪型です。こっくりとしたかわいらしい印象の髪色にスパイスを加えるようにインナーカラーを入れると、かわいさも個性も演出できそうですよね!

ひとつの髪型でいろんな印象をゲットできるのが、インナーカラーの魅力です。

緑のインナーカラーは、グレーなどの髪色とも相性が良いんです。

メモ

ウェーブにしたら、緑のインナーカラーとグレーがきれいに混ざって凛としてクールな印象に。

今っぽいこなれ感と、クールな印象をゲットできそうな髪型です。

緑のインナーカラーは、ボブと組み合わせるとなんだかカジュアルな印象に。計算されたヘルシーな髪色は、こなれた雰囲気にしてくれそうですよね。

クールな髪型や、ガーリーな髪型もいいけれど、次は緑のインナーカラーでカジュアルな髪型に挑戦しませんか?

グレー系のインナーカラーで透明感のある髪色に

ここからはグレーのインナーカラーの紹介をしていきます。グレーアッシュやグレージュなど、髪全体のヘアカラーにもグレーを使っているものが多いように、グレーのインナーカラーは髪色に馴染みやすいんです。

控えめにインナーカラーを入れたいと思っている方は、グレーのインナーカラーがおすすめ。

こちらのグレーのインナーカラーのように、ほんのりグレーの色を入れると暗い髪色でも明るさをプラスできそうですよね。

さりげないのに、センスのある髪色を演出できるグレーのインナーカラーをぜひチェックしてみてください!

こちらはグラデーションのように、たくさんのグレーのインナーカラーを入れ込んだ髪型です。

髪に動きが出ていると、インナーカラーの色がわかりやすくてかわいく仕上がります。ふんわり絶妙なグレーのインナーカラーはおすすめの色なんです。

グレーのインナーカラーはふんわりとしていて、やわらかい印象を演出できますが、

参考

黒髪ショートにグレーのインナーカラーを忍ばせると一気にクールな印象に変わります。髪型によって、同じ色でも雰囲気を変えられるグレーのインナーカラーに注目です!

こちらのグレーのインナーカラーは全体的に広がりのあるインナーカラーで、グラデーションのように見えますよね!

大きくカールした髪型は、透明感のあるグレーのインナーカラーと混ざってドラマチックな仕上がりまで演出してくれそうです。

黒髪ボブに忍ばせたグレーのインナーカラーは、ほんのりエッジの利いたクールな仕上がりになります。

まるっとしたシルエットがかわいらしいボブですが、グレーのインナーカラーを入れることで、程よくモードな雰囲気まで漂いますよ。

2020年は「オフィスOKなインナーカラー」がキテる

黒髪・暗めカラーに合うインナーカラー

はじめに紹介する暗めカラーになじむインナーカラーは、大人っぽいシルバーグレージュ

補足
明るいトーンの印象ですが色の主張が激しくないため、黒髪や暗髪カラーとしっかり馴染んでくれます。派手な髪色はできないけど、思い切りヘアカラーを楽しみたい方にはもってこいのインナーカラーです。


次に紹介するカラーは、クールな印象のネイビー

ネイビーは黒髪に近い色でコントラストがないので、インナーカラーが目立たないはずです。
色が分からなかったらする意味ないなんて言わないでください。

ポイント

ネイビーは太陽の光が当たると、しっかり色を放ちおしゃれなヘアに見せてくれますよ。

ブリーチなしでできるインナーカラー

黒髪・暗めカラーになじむインナーカラーの次は、ブリーチなしでできるインナーカラーにフォーカスします。


はじめに紹介するカラーはピンクです。ガーリーな印象を目指す方におすすめ!インナーカラーを主張したい場合は、ベースの髪色とコントラストをはっきりつけるのがポイントですよ。

次に紹介するブリーチなしのおすすめカラーはです。ブリーチした後に赤を染めると色の主張が激しい印象になりますが。

ブリーチなしで染めると落ち着いたトーンになります。初めて赤色に挑戦する方やニュアンスで赤を入れたい方は、ぜひブリーチなしで試してみてください!

【長さ別】髪の長さによってインナーカラーの印象は変わるんです!

【ショート】のインナーカラーで髪型にワンポイントをプラス

毛先を内側に巻いて、オイルでツヤを出したらこなれ感が出ます。ショートはかわいい印象よりは、モードでかっこいい印象の髪型なので、メンズライクでシンプルなファッションが似合いそう。インナーカラーを入れたら、よりクールでスタイリッシュな髪型に仕上がりそうです。

こちらのショートは、ほんのりグレーのインナーカラーが入っています。ショート×グレーのインナーカラーは落ち着きがありつつも、モードでクールな髪型を演出できるのでおすすめなんです。

大人っぽい髪型に仕上げたい方は、ショートのインナーカラーに挑戦してみてください。

【ボブ】のインナーカラーでほんのりスパイスのある大人女子系の髪型に

こちらも毛先を内側に巻き、顔の輪郭に髪を沿わせることで輪郭を隠してくれます。インナーカラーが黒髪によく馴染んでいるので、ナチュラルな仕上がりで服装やメイクを選びません。インナーカラー初心者さんにもおすすめです。

こちらは紫のインナーカラーを入れたボブですが、透明感が演出されていて洗練された印象ですよね。

グレーと紫の組み合わせが、ボブのインナーカラーをより今っぽく仕上げてくれます。ボブのインナーカラーでアンニュイさとセンスを仕込みましょう。

【ミディアム】のインナーカラーでいつもの髪に雰囲気のある変化を

ミディアムは、風でなびいた髪がインナーカラーを目立たせます。毛束を少しずつとって外側に巻き、オイルでツヤ感を出すことで、このヘアスタイルのようにおしゃれになりますよ。

顔周りの後れ毛などで遊んでみてもかわいいですよね。

こちらのミディアムのインナーカラーは、黒髪にベージュがしっかり入った髪型になっています。

クールでシックなこちらのインナーカラーは、どこかモードな雰囲気まで演出できそうですよね。存在感のある髪型にするなら、インナーカラーがおすすめです。

【ロング】のインナーカラーでさりげなくトレンドを仕込んだ髪色に

黒髪に馴染んだ上品なインナーカラーのスタイルです。インナーカラーが黒髪とよく馴染んでいるため自然な仕上がりになっていますね。

ゆるく巻いて風になびきそうなやわらかい印象になります。ロングならではのドラマチックな印象になりますよ。

こちらのロングは、ブルーのインナーカラーが黒髪に馴染んでくれているので、悪目立ちすることなくおしゃれな黒髪に。

ストレートだとインナーカラーの主張は弱め。毛先だけ強めに巻くことで、ブルーのインナーカラーが黒髪に映えて素敵なヘアスタイルに!

こちらは、黒髪のサイドにインナーカラーを入れたナチュラルなヘアスタイルです。

これくらいの量のインナーカラーなら、就活中や規則のある学校でも、結んだときにうまく隠せるからトライしやすい!

ハーフアップしたときに見える部分にインナーカラーを入れることで、ハーフアップとの相性が良いんです。

透き通った黒髪に、薄いピンクのインナーカラーがおしゃれです。薄ピンクのインナーカラーは目立ちすぎないので、コーデやメイクもいつも通りで◎。

黒髪に馴染んだ青のインナーカラーは落ち着きがあり、いつもの黒髪と同じような感覚で服もメイクも選ぶことができるところが人気のポイント。

青の色素が混じった透明感のある黒髪は、インナーカラーの青とも相性が良くておすすめです。

インナーカラーを長持ちさせるヘアケアアイテム

カラーシャンプー

保湿力の高いシルバーシャンプー

「N.(エヌドット)」の「カラーシャンプー Si <シルバー>」は、保湿力の高いシルバーシャンプーです。保湿のために、”シア脂油、ブロッコリー種子油、加水分解シルクなどの天然由来の保湿成分”(公式HPより)が配合されており、しっとりとうるおいのある髪へ導いてくれますよ!寒色系の色味をやわらかく持続されてくれます。

インナーカラー×ヘアアレンジでオシャレな髪型に♡

インナーカラーを後れ毛にした髪型が今キテる

インナーカラーを後れ毛にしたこちらのアレンジは、トレンド感のある髪型なのではないでしょうか?

後れ毛で演出できるヌケ感やアンニュイな印象に、インナーカラーのトレンド感がプラスされることで色っぽさとトレンドを両立したアレンジが完成しますよ。

アップにするとインナーカラーが見えてオシャレ

全体の髪の毛をアップにしたインナーカラーは、うなじの部分にインナーカラーがちらっと覗くのがおしゃれですよね。品のあるアップのアレンジですが、インナーカラーがプラスされるのでグッと今っぽさゲットできますよ。

三つ編みに見え隠れするインナーカラーがオシャレな髪型への近道

こちらは三つ編みにインナーカラーが混じったアレンジで、おしゃれな雰囲気に仕上がっていますよね。

異なる色が混じったアレンジはどこか難易度高めなアレンジに見えそう。インナーカラーで簡単にかわいいアレンジを完成させましょう!

最後に

インナーカラーについてのご紹介、いかがでしたか?

やってみたい色や、自分に似合う色があれば良いのですがどんな髪型の人にでも必ず似合わせることができるのがインナーカラーのいいところ。

僕自身、日々のサロンワークでお客様の好みやインナーカラーの用途を知り実践してきたことでインナーカラーの良さ、オシャレさをオススメしています。

この記事を読んでくれた方にも必ず自分に似合う髪色があるのでぜひ僕の記事を参考にして、自分だけのオシャレなインナーカラーを見つけちゃいましょう!

最後まで読んでいただいてありがとうございます!次回もお楽しみに〜♪

【2020年】ブリーチなし!夏のトレンドヘアカラー特集!痩せて見える髪色も♪

2020年5月30日

2020はブリーチなしでトレンドヘアカラー♡アッシュ&グレージュでキマリ!

2019年10月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です