【世界1のLCCターミナル】ドンムアン空港の魅力

Travel美容師のkeitaです。今回はタイのドンムアン空港を解説していきます。僕がいつもタイに行く時はこのドンムアン空港を利用するのですがその際に行う入国審査、両替やATMの使い方、SIMの買い方、市内への移動の方法などは旅行の方にも役立つと思います。是非参考にしてみてください♪

ドンムアン空港国際線発着はターミナル1

タイの空の玄関口として活躍するコチラ!ドンムアン国際空港。えっ知らない?LCCターミナルとしての存在価値が高まり、多くの旅客で賑っています。

そんなドンムアン国際空港の国際線ターミナルはとても楽しく、たくさんの魅力があるんです。

タイ・バンコクには国際空港が2つあり、一つはスワンナプーム国際空港、そしてもう一つがこのドンムアン国際空港です。

ココは抑えておくべし!2つのターミナルの用途

ドンムアン空港は2つのターミナルに分かれています。

国際線の発着はターミナル1、タイ地方への国内線発着はターミナル2となっている。

そして到着階は1階、出発するのは3階からになります。

正面に向かって左側にあるのがターミナル1で国際線が発着

日本から到着した場合は入国審査が終わるとターミナル1の1階に出ます。

一方出国する場合は、ターミナル1の3階。

バンコク市内からドンムアン空港に向かう場合、空港に近づくと「どっちのターミナルに行くの?」と聞かれますので、「ターミナル1」と答えるようにしましょう。

ちなみにタクシーは出発フロアの3階に到着するので、そのままチェックインカウンターに向かうことができます。

ターミナル1とターミナル2は連絡通路で繋がっています。

目安として5分もあれば移動することが可能でして、成田空港などとは違いターミナル間の移動のハードルが低いのがこちらのいいところですね。

とはいえターミナル2にしかないお店やサービスも多いので、日本への国際線を利用する方でも頻繁に行き来することになるのではないでしょうか。

ドンムアン空港の入国審査

ここ数年中国人団体の観光客が激増しているため、入国審査にかなりの時間がかかるのが難点ですね。

ここのイミグレーションは一時は横入りし放題の無法地帯だったのですが、現在は一列に並び、空いているカウンターに順番に誘導される方式に変更されています。

なので以前よりはマシになりましたが、それでも入国審査には最低でも1時間程度はかかるので時間に余裕を見ておきましょう。

※タイミングが良ければ20分程度で通過できることもありますし、団体客とぶつかると1時間以上かかることもあります。

引用 タイ国観光政府観光庁HP

最近、特にドンムアン空港のイミグレーションの入国審査は厳しくなっています。

年間180日以上滞在している場合、最悪強制送還されることもありうるので要注意

私の友人も何人も入国拒否にあっていまして、中にはパスポートを新しくして渡航履歴がないのに拒否されることもありました。

どうやらドンムアン空港では、パスポートのスタンプやビザではなく、氏名と生年月日で入国履歴を管理しているようですね。

と言っても、普通の旅行者の場合は何の問題もなく通過できるのでご心配なく。

タイ旅行でのwi-fiやネット環境ってどうなの?

Google翻訳やGoogleマップが使えれば、たとえ道に迷ったり問題が生じても、だいたいの事は何とかなるはずですよね。

タイではSIMフリーのスマホやタブレットがあれば、日本とは比べ物にならないほど簡単にネット環境が構築できちゃいます。

目安ですが、1週間1000円程度でネット利用が可能

ドンムアン空港ターミナル1の到着フロアーを出ると、タイ大手通信会社のカウンターがずらりと並んでいます。

出口から少し離れたカウンターの方が空いているのでおすすめ。

個人的にはAIS(緑のカウンター)かTRUE(赤のカウンター)がおすすめですが、そこまで大差ないのでどこの通信会社でもいいかなと思います。

カウンターに行くと「何日?」と聞かれるので、滞在日数を言いましょう。

後は店員さんにスマホを渡せば、交換・設定までやってくれます。

パスポートの提示が必要になります。

今まで入っていた日本のSIMカードを渡してくれるので、絶対なくさないように注意しましょう

同じフロアーにはレンタルWiFiのカウンターもあり、SIMフリーのスマホやタブレットをお持ちでない方は、こちらを契約すればネット使用可能。

料金プランは、1日250バーツ(約850円)で期間内の上限が5GB

※上記プランが終了している可能性もあります

ただSIMカード契約とは違いレンタルWiFiの契約には、多少のタイ語力や英語力が必要になります。

なので、もしSIMフリー端末をお持ちでない方は、日本で海外レンタルポケットWiFiを借りて持ってきましょう

ドンムアン空港の両替所事情

スワンナプーム空港にはスーパーリッチという高レートの両替店があるのですが、ドンムアン空港の両替店はそれほどレートはよくありません。

といっても日本で両替するよりは格段にいいので、ドンムアン空港に到着したら数日分の両替を済ませておきましょう

数万円程度なら、はっきり言ってどこで両替してもほぼ変わらないので、一番空いているところに行きましょう。

パスポートの提示が求められるので、手元に用意しておきましょう。

バンコク市内中心部で両替するなら、オレンジ色の看板が目印のスーパーリッチがおすすめ

ドンムアン空港内セブンイレブンを有効活用する方法

タイは日本以上のセブンイレブン大国でして、ドンムアン空港内にも4店舗あります。

空港内にあっても、価格は街中セブンイレブンとそれほど変わらないため、お得に買い物したいならおすすめ

ターミナル1の到着フロアーにも2軒のセブンイレブンがあります。

空港からまっすぐホテルにタクシーで行くという方も多いと思いますが、ホテルの近くにセブンイレブンがない場合も多いので、とりあえず必要なもの(飲料水など)をここで調達すると良いでしょう。

初めて行った人はびっくりするくらい品ぞろえ豊富ですし、空港内で買うと100バーツ(約330円)以上するビールも、セブンイレブンで買えば45バーツなので半額以下で購入可能です。

そして、タイに着いた旅行者がいち早くセブンイレブンに行くべきと言える理由の一つが両替

日本とは違いタイでは、お客のためにお釣りを完璧に用意するという習慣がありません。

なのでタクシーやバスに乗って1000バーツとか出しても、お釣りがないと平気で言われます。

手元に1000バーツや500バーツ札しかない時は、空港内セブンイレブンで買い物をして細かくしておきましょう

ドンムアン空港のタクシー乗り場

ンムアン空港からバンコク市内へ移動する一番簡単な方法はタクシー

特に荷物が多い時は、タクシーでサクッと移動しましょう。

初乗り料金は35バーツで、目安ですがアソークあたりまで行くと250~300バーツ(渋滞具合によって変わってきます)

※空港から乗る場合、空港使用料の50バーツが加算され、さらに高速代も加算されることも。

夕方の渋滞に巻き込まれると、びっくりするくらい動かなくなりますが、それ以外の時間は割とサクサク移動できます。

1時間程度乗っても日本円で1000円前後なので、どんどん利用することをおすすめします。

ターミナル1(国際線)のタクシー乗り場は、1階の8番ゲートにあります。

なので日本から到着して制限エリアを出たら、左の方にどんどん進みましょう

※タクシーに乗る前に、少額の両替・SIM契約・セブンイレブンでの買い物を忘れずに

自分の番が来たら、行きたい場所を伝えましょう。

あとは受付の人が運転手さんにタイ語で説明してくれるので、運転手さんについて行ってタクシーに乗り込みましょう。

ちなみにタイでも配車アプリGrabタクシーは使えますが、タクシー協会の猛烈に反対により、空港内など主要な場所には乗り入れられない場合がほとんど

なのでドンムアン空港から市内中心に移動する場合は、タクシーカウンターを利用しましょう。

ドンムアンからエアポートバスで移動

交通費を安く済ませたい場合、ドンムアン空港からエアポートバスで移動という選択肢もあります(もっと安い国鉄移動もありますが、ハードルが高めなので割愛)

エアポートバスはA1~A5の5路線があり、旅行者の利用頻度が高いのはA1とA2バス

A1とA2バスは、ドンムアン空港に一番近いBTS駅モーチットを経由します。

なので、そこからBTS(バンコクスカイトレイン)やMRT(地下鉄)に乗り換えることにより、安くしかも早くバンコク市内中心部まで移動可能。

ターミナル1(国際線)のエアポートバス乗り場は、6番ゲートにあります

事前にチケットを買う必要はないので、バスにA1かA2と書いてあれば乗り込みましょう。

料金はバスが走り出してから、乗務員さんが回収に来ます。

一律30バーツ(A1・A2バス)なので、セブンイレブンで両替して小銭を用意しておきましょう

 

送迎サービスを利用するメリット

  • 燃料代・高速代・チップすべて込みの定額制
  • 24時間日本語対応
  • バーツに両替していなくても大丈夫

荷物をピックアップした後のミートエリアで、ドライバーがネームボードを持って待機。

2名までならセダン車、3~5名の場合は専用ミニバンでの送迎になります。

22時以降は割増料金が発生しますがそれでも3000円以下ですし、身元がはっきりしている人の車なので安心感が全く違うでしょう。

深夜のバンコクのタクシーはかなり危険でして、タイ人女性も一人ではほぼ利用しません。

空港に乗り入れているタクシーは大丈夫だとは思いますが、女性だけの旅行の場合は特に専用車による送迎サービスを利用することをおすすめします。


【コスパ抜群】ドンムアン空港からパタヤまでの行き方

2019年9月24日

【NEW】ドンムアン空港のプライオリティパス対応ラウンジをご紹介

2019年9月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です