【初めての台湾観光】2泊3日で行ってみたオススメの人気観光スポットは?

台湾は日本からのアクセスも近くて人気の観光地。僕が初めて台湾に行き感じたのは、中でも首都の台北は台湾の美味しいところがギュッと詰まった魅力的な街で、台湾初心者にもおすすめ!ということ。

そこで、今回keitaが行ってきた台北の人気観光地やグルメ・ショッピングスポットを巡ることができる2泊3日のモデルコースをご紹介します。このルートで巡れば台北観光を満喫できること間違いなし!というおすすめモデルコースを、ご紹介します。

1日目

台湾ナンバー1!鼎泰豊本店で絶品小籠包の昼食を

台湾を初めて訪れたらココは絶対に外せませんね!まずは、台北で一番有名な小籠包のお店と言ってもイイでしょう。

「鼎泰豊(ディンタイフォン)」で、本場台湾の小籠包を頂きましょう。かの有名なニューヨークタイムス紙で“世界の人気レストラン10選”にも選ばれ、台湾の小籠包を世界に知らしめたまさしくパイオニア店なんです。

MRT東門駅を降りてすぐのところにあるのでわかりやすい立地です。なんと日本語メニューもあり、日本語を話すことができる店員さんも多いので、中国語がわからない台湾初心者にとっても安心できます。

アクセス:台北駅→(忠孝新生駅で乗り換え)→東門駅 下車すぐ

スイーツ好き必見!永康街の思慕昔でふわっふわの台湾かき氷を堪能

近年、台湾で人気の有名店やB級グルメ店が集まるエリアが「永康街」です。鼎泰豊からすぐのところにあるのが「思慕昔(スムージー)」という台湾かき氷の人気店なんです。台湾独特のかき氷はふわっふわの食感で、トッピングも豊富なのが特徴。小籠包を食べた後でもこちらもペロリといけてしまいますよ!

このエリアには、担仔麺で有名な度小月や人気No.1のネギ餅のお店や牛肉麺専門店の永康牛肉麺館などの人気店も多数あります。鼎泰豊では軽く済ませて他のお店を巡ってみるのもいいかもしれませんね。

アクセス:鼎泰豊本店から徒歩で約2分。

歴史的建造物の中正紀念堂の迫力を体験

お腹がいっぱいになり満たされたところで、次は台湾3大観光名所の一つにも数えられる「中正紀念堂」。その入口には、高さ約30メートルの巨大な大中至正門があります。そして、純白に彫られた精緻な装飾が美しい門の遥か向こうには、主役の中正紀念堂が聳えているのです。記念堂内の中央に巨大な蒋介石の銅像が穏やかな表情で鎮座されているのが趣深いですね。

中正紀念堂へのアクセスは、東門駅から1駅。なんと東京ドーム5個分以上という広大な敷地をゆっくり散策するのもいいですが、暑い中歩くのは苦手という方には、次のスポットへ急いで冷房が効いた涼しい屋内でゆっくりと過ごすのもいいでしょう。

アクセス:東門駅→中正紀念堂駅 下車すぐ

台北のランドマークタワー☆台北101で台北の街を一望しよう

こちらの「台北101」も台北観光では絶対外せない人気スポットです。508メートルの高さを誇る超高層ビルで、89階に屋内展望台、91階には野外展望台があり、連日多くの観光客で賑わっています。展望台からは台北の主要観光スポットが一望でき、今回のモデルコースで巡る場所の距離感を掴むこともできるんです。

そして、台北101見学を終えたら、市政府駅を目指し北方向へ。その途中には、新光三越、統一百貨といったデパートやショッピングモールもある流行発信地が。充実したショッピングも魅力の一つです。

アクセス:中正紀念堂駅→台北101世貿駅 下車すぐ。

パワースポットといえばココ!龍山寺で願掛け&占い

今、最新のトレンドスポットを楽しんだあとは、これぞ台湾のお寺だ!というきらびやかな外観のパワースポット「龍山寺」へ行ってみよう。恋愛、結婚、子授け、安産、学問、金運などなど、あらゆる運気をアップしてくれる神さまたちがご鎮座しているんです。

龍山寺駅の地下街にある台湾最大の占い街「開運命理街」も人気スポット。台北で占いといえば行天宮占い横丁が有名ですが、こちらはなんと行天宮のおよそ倍の40軒以上もの占いブースがあります。日本語も通じるので初めての台湾でも安心です。

アクセス:市政府駅→龍山寺駅 下車すぐ。

台湾の夜市で絶対に行っておくべき!士林夜市でグルメ三昧食べ歩き

台北の夜のお楽しみと言えば、なんといっても夜市。中でも台北で最大規模を誇るのがみなさんご存知の「士林夜市」。ファッションや雑貨系のストリートもある一方、B級グルメの屋台がひしめき合うような通りも在るので、歩いているだけでも楽しいところなんです。

台北観光の最初の晩ごはんは、地下に広がる美食区がオススメ。こちらは屋内なので雨でも安心ですし清潔。台湾初心者におすすめですね。名物の大きなソーセージはもちろんのこと、鳥の唐揚げや焼きイカなど、どれもだいたい50元くらいなので、少しづつ食べ歩きするのがここでの楽しみ方ですね。

アクセス:龍山寺駅→(台北駅乗り換え)→剣潭駅 下車すぐ。

2日目

国立故宮博物院で中国歴代王朝の歴史に触れてみよう

2日目一番は、中国歴代王朝の皇帝たちが収集したコレクションを基に、69万点もの至宝を収蔵する中国文化と芸術の殿堂「国立故宮博物院」へ行ってみよう。ここで必見とも言えるのは、誰もが一度は目にしたことがある“翠玉白菜”。これを見なければここに来た意味がないといっても過言ではないでしょう。

とっても広い館内ですが、大体2時間もあれば見て周れます。ただ、展示品一つずつじっくり見ていくとすると最低でも3~4時間は必要かもしれません。こちらは8:30から開館していますので、ゆっくり見学したいという方は早起きして訪れましょうね。ちなみに、年中無休です。

アクセス:台北駅→士林駅
タクシーで約15分。メモに行き先書いて見せるか、ガイドブックを指差せば伝わります。

台湾の原宿☆西門町

さあ、そして台北の渋谷、台湾の原宿と呼ばれる若者のファッション、サブカルチャー文化の情報発信基地がこの「西門町」。数々のファッションビルが建ち並んでいる他に、飲食店も多く、士林夜市で有名な巨大チキンの「豪大大鶏排」や、有名な麺料理のお店「阿宗麺線」も西門町では食べることが出来ます。

日本統治時代に建設された赤レンガの八角堂「西門紅楼」も旅行者から人気の観光スポットです。当時の様子を紹介している展示スペースや台湾らしいデザインの雑貨を扱った土産物ショップやカフェもあり、休憩するのにも最適なので是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

アクセス:士林駅→(台北駅乗り換え)→西門駅 下車すぐ。

九フン☆あの『千と千尋の神隠し』のモデルを実体験

有名どころ、九フンも台北観光では外せない定番観光地。九份の魅力といえば、細い路地には、雑貨屋・土産屋・飲食店が軒を連ね、夕方から夜にかけては街中の提灯が明かりを燈し、幻想的でノスタルジックな風景が広がっている光景です。名物のスイーツ阿柑姨芋圓の芋圓も行列ができるほどに人気です。

人気のフォトスポットは、豎崎路中央あたりに位置する「阿妹茶樓」(あめおちゃ)です。宮崎駿監督のアニメ映画『千と千尋の神隠し』の湯屋のような立派な茶館で、ここで台湾の作法でお茶を楽しむのもいいのではないでしょうか。

アクセス:信義安和駅→(大安乗り換え)→忠孝復興駅
忠孝復興駅前から九フン行きバス乗車、約1時間30分。

芋仔蕃薯でノスタルジックな九フンの夜景眺めながら台湾家庭料理の味を堪能する

「阿妹茶樓」のお隣、階段を少し登って左側にあるまるで、洞窟のようなトンネルを抜けたところにあるのが、こちらのお店!中国茶や素朴な台湾料理、そして素晴らしい景色が楽しめる「芋仔蕃薯」。おすすめメニューは、近くで育てている地鶏を使ったお料理や魚介類、サツマイモの葉っぱ(地瓜葉)の炒め物などの台湾家庭料理。

こちらのお店には日本語ができるおばあちゃんがいます。日本人観光客が入店するとすかさず笑顔で応対してくれます。言葉の心配がいらないのも台湾初心者に人気の理由です。もし、お店が満席なら、早めに台北市内に戻り、饒河街観光夜市で晩ごはんを食べてみるのもオススメです。名物の、福州世祖胡椒餅の胡椒餅は絶品で、一度は食べておきたいです。

アクセス:信義安和駅→(大安乗り換え)→忠孝復興駅
忠孝復興駅前から九份行きバス乗車、約1時間30分。

3日目

口コミで大人気!世紀豆漿大王で美味しい台湾朝ごはんを食す

いよいよ3日目、台湾にも慣れてきたところで、地元客に交じっての台湾風の朝食はいかがでしょうか? こちらの「世紀豆漿大王」は、台湾で地元の人や観光客に愛されている朝ごはんの店。豆漿(豆乳)や油條(揚げパン)、蛋餅(玉子焼き)など、台湾ならではの朝食が気軽に食べられるのが人気のポイント。

“鹹豆漿”が一番人気ですが、皮はもちもち、卵はふわふわの“蛋餅”もオススメ。早起きして、地元民になった気分で庶民的な台北の街を散策するのも楽しい想い出になるのではないでしょうか。

アクセス:台北駅→雙連駅 下車すぐ。

忠烈祠の圧巻パフォーマンス

「忠烈祠」は、かつては日本の護国神社があった場所で33万人の英霊が祀られている追悼施設なんです。ここで人気なのが陸、空、海軍から選抜された兵士による衛兵交代式です。

午前9時から1時間毎に交代し、最後の交代式は午後4時40分まで行われます。真っ白い制服・制帽に身を包み背筋を伸ばし、脇目もふらず軍靴を鳴らしながら歩く姿には圧巻です。

アクセス:雙連駅→圓山駅 下車 タクシーで約5分。

レトロな迪化街でグルメ&ショッピングを満喫

台北で最も古い問屋街である「迪化街」には、漢方や乾物、お茶や高級食材などを販売する昔ながらの古いお店がずらりと並んでおり、レトロなカフェ、絶品台湾料理店などがたくさんあり、今旅行者から人気急上昇中のスポットです。

台湾観光3日目に入りましたが、迪化街は、お土産物探しには最適の場所なんです。ドライフルーツなどの乾物、そして、古い建物をリノベーションした雑貨店、Made in Taiwanの商品が揃うお店などよりどりみどりで選び放題。北門駅の近くにある牛肉麺の人気店「建宏牛肉麺」もとても絶品なので時間があれば是非来訪しましょう。

アクセス:圓山駅→(民権西路乗り換え)→大橋頭駅 下車 5分。 

台湾のトレンドカルチャー発信☆松山文化創園区

レトロな街を散策した後は、最新の台湾カルチャーに触れてみましょう。こちらの「松山文創園区」は、広大な敷地に広がる重厚な建造物、緑豊かな公園、おしゃれなショップなど、台湾のおしゃれが詰まった玉手箱のような場所です。

ここには、台湾発のデザイン作品を集めたショップや、書店、カフェ、セレクトショップ、フードコートもある人気の「誠品書店」もあり、センスのいいお土産探しの場としてもおすすめなので是非足を運んでみると良いでしょう。

アクセス:北門駅→(西門駅乗り換え)→市政府駅 下車、徒歩約10分。

【初めての台湾観光】人気観光スポットまとめ

いかがでしたか?

今回は、台北の人気観光地やグルメ・ショッピングスポットを巡ることができる2泊3日のモデルコースをご紹介させて頂きました。

初めて台湾、台北を訪れる方にとって参考になれば幸いです。

最高の台湾旅行にしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です